コラム

体が◯◯◯と体調が崩れ病気になるのは、○◯の働きが鈍くなるため。

こんにちは院長です。

あなたは今、風邪、頭痛、体がだるく体調を崩し薬を飲んでも治らない状態になっていませんか?

現代人は昔の人に比べて体を動かす事が少なくなって来ています。

便利な世の中になりすぎて運動不足や仕事では一日中座りっぱなしのデスクワークが多くなって来ていて

そのせいで自分で体熱を作る事が出来なくなってしまい低体温の人が増えて来ています。

低体温だとどんな悪影響が出るかといいますと、まず生命活動に欠かせない「酵素」の働きが不活発になってしまうことです。

酵素は体内の温度が38度のときに最も活性化し、低体温になるとその働きが低下してしまうのです。

 

酵素は、消化だけではなく、エネルギー代謝や新陳代謝などの代謝機能、さらに病気を引き起こす外的から体を守る免疫機能など、人間が生きていくためのすべての生命活動にとって、なくてはならない大切な役割を担っています。

体が冷えると、もうひとつ大きな問題が発生します。

それは冷えで血管が収縮してしまい血行が悪くなることです。

血液の流れが悪くなれば血管内に老廃物がたまり、その結果、血液が汚れてしまいます。

酵素の働きも低下して、さらに血液の汚れに拍車がかかってしまいます。

汚れた血液が体内を循環すれば、当然、細胞や組織が損傷し、病気を引き起こすということになるのです。

体は決して冷やしてはいけないのです。体をいつも温めて病気予防、回復に心がけるような生活改善が必要なのです。

一覧へ戻る