コラム

梅雨の時期に体調が崩れやすいなる理由!!!!!

こんにちは、院長です。

6~7月は梅雨の時期で体調を崩しやすい季節になります。

患者さんでもいつも元気なのに梅雨の時期に入った途端に

頭が痛くなる方が多く見られます。

痛みも強くなる患者さんも多く見られます。

では、なぜ体調を崩したり、痛みが増悪してしまうのか?

それは流れが悪くなっているからです!!!!!

体の中の血、水、リンパの流れが滞っているからです。

それと気圧の問題もあります。

雨が降ると低気圧になりますが、体の中は高気圧になり

バランスを取っているのです。

高気圧になると体の中の筋肉の細胞が膨らみます。

膨らんだ筋肉(首の周りの筋肉)が神経を圧迫してしまい

神経の流れを止めてしまい脳に伝達ができなくなり頭が痛くなります。

このような方は骨盤矯正を受けた方がよろしいです。

骨盤の動きがなくなっている背骨が捻れてきて首が捻れてしまい

神経を圧迫しやすくなります。

痛みが出るのも同様で痛めている筋肉(傷がついている筋肉)の

部分が膨らむと引っ張られてしまい負担がかかり血流が

悪くなるので痛みが増悪します

このような時は痛いところを冷やし、安静にしてください。

痛いのを我慢して負担をかけると傷ついた筋肉がまた傷ついてしまい

炎症が強くなり痛みが強くなってしまいます。

梅雨になったらみんなが調子を崩す訳ではありませんが

崩しやすい人は特に体調管理に気をつけましょう!!!!

痛みや接骨院のことでお悩みありましたらお答えします。

お気軽にご相談してくださいね!!!

↓↓↓↓↓↓

お悩み相談はこちらです!!!!

一覧へ戻る