コラム

自然な動きで身体に負担がないフラダンスでケガ続出な訳

こんにちは院長です。

なごみの森整骨院で来院されている患者さんでフラダンスをされている方が多くなってきています。

四街道市はフラダンスが盛んに行われていてフラダンス発祥のハワイの大会に出て賞を取るぐらいのレベルと患者さんから聞きました。

小さい子から高齢の方まで楽しく踊ることができるダンスです。

フラダンスは自然な動きで身体に負担がない踊りと言われています。

しかし、来院される患者さんでフラダンスをしていると股関節周りが痛い、腰が痛い、膝が痛い方がいます。

フラダンスの姿勢は中腰の姿勢で4分~6分間踊り続けます。

なので4~6分間その体勢を支持するだけの筋肉がないと股関節周り、腰、膝が痛くなるのです。

その為、痛みがあるせいでやめてしまう方も多くいるそうです。

では、どこの筋肉が衰えているが為に体を支持できないのでしょうか?

それは、大腰筋です。

あまり聞かれない名前かもしれませんがインナーマッスルの一部の筋肉です。

 

この絵の通り大腰筋は唯一上半身と下半身をつないでいる筋肉なので

ここが衰えてくると体を支えられなくなってきて歪みが発生します。

歪んでくると一部の筋肉に負担がかかりそこの筋肉が傷めやすくなります。

それが股関節周り、腰、膝を痛めてしまう原因になります。

大腰筋(インナーマッスル)をしっかり鍛える事で体を支えられるようになり

ケガしづらい体を作ることができます。

せっかく、フラダンスを始めたのであれば楽しく踊って有意義な人生を送ってほしいです。

なごみの森整骨院ではそのような方を応援していきたいと思います!!!!

一覧へ戻る