四街道の整体なら「なごみの森整骨院」

image1-2 (1)

今回は痛みがある場所から離れている所が痛い事についてお伝えしていきます。

これを知る事で惑わされることなく、施術やメンテナンスを受ける事や自分で何をすればいいかが分かっきます。

痛みがある場所から離れている所が痛い事について(放散痛)

腰痛の女性

結論から言うと、間違えて信号をおくっているからです。

「痛い」と言うのは、体の中で何が起きているのかと言うと、一番流れが滞っている所に対して脳からの信号で「痛い」と言う信号を送っています。

しかし、治療を行っていく中で施術箇所が順調に回復していくと流れが良くなってきます。

そうなると、全く関係のない所で流れが悪い状況が起きると、そちらの方に脳が「痛い」と言う信号を送ってしまします。

よくあるのが、最初は、腰やお尻が痛かったのに施術を繰り返し行うにつれて、腰やお尻の痛みはなくなって、足のふくらはぎの側面が痛いという方が出てきます。

対処方法はありますか?

gimon

足のふくらはぎの側面が痛くなる理由は様々になります。

当院に良く来られる方の例をご紹介します。

足のふくらはぎの側面の痛みに対しての対象ですが、どんな時に痛いのか?原因で対象が変わってきます。

よくある理由は

①夏にエアコンの下でデスクワークをしている人

②常に痛い

①夏にエアコンの下でデスクワークをしている人

対処方法

  • エアコンの冷気の当たらない所に移動してもらう
  • 椅子に座っていたら15分ごとに立ったり、座ったりする
  • 前掛けはかなり厚手のを用意して足に巻く

特に若年層~中年層の女性に多いです。特に1日中デスクワークをしていて、足に対しての体の流れが滞って、夏はエアコンの冷気が足に直接当たるので、余計に足に対しての流れと言うものがストップします。

流れがストップした所に対して脳から痛いという信号を送るのは当然になってきます。

②常に痛い

対処方法

  • ①の対処法を行う
  • 体が冷え切っているので(冷え性)歩く事を意識して体の循環を良くしていく(基本的に運動をする)

常に痛いはかなり良くない状況です。冷え性と言う状態になります。①の状況が続くと1日中どんな時も痛いということが起きてしまいます。

この様になると、よくあるのが薬を服用する方がいますが、冷えている体に服用してもあまり効果が見られないので根本から対処していかないといけません。

根本と言うのは、自ら体の流れを正常に持っていく行為をしていかないといけません。

「放散痛」は悪い事????

think

「放散痛」と言う信号のおかげで体の悪い所を知らせてくれるので、そこの部分を修復を行ってくれて健康な体を維持できます。

自分自身でも負担をかけないように行動制限を自ら行います。

分からない場合は?

english-wonder-why

分からない場合は、病院、整骨院、整体院にご相談してみて下さい。

自分の日常生活で負担をかけていることは、気が付かない事が多いです。なので専門家から見て何が問題なのかを確認することが、体を良くしていく一歩になっていきます。

四街道の整体なら「なごみの森整骨院」 PAGETOP